名古屋で出産後に女性の薄毛治療に通院

出産後の髪質変化で薄毛治療を始める

転勤で名古屋に行った後、出産を経て髪の毛が薄くなってしまいました。
まだ30代に入ったばかりという年齢から、一時的な症状ですぐに改善するだろうと予想しましたが、半年以上が経過しても一向に回復する兆しが見えません。
そこで女性用の薄毛治療を行っているクリニックを探し、すぐに治療を受けることにしました。
それまでは白髪のことばかりを気にしていましたが、よく考えると薄毛の方がより深刻です。
髪質は元々太くて丈夫だったのに、出産したら柔らかくてコシのない状態に変わったようです。
幸い子供はミルクだったので、内服薬での治療をすぐにスタートできました。
飲んでいたのは女性ホルモンの働きを助けて髪の毛が生えてきやすい環境を作るタイプの薬であり、外用薬も一緒に処方されました。
治療としては一番よく使われるものだということで、まずはこれで試して効果が出るかを確認することになりましたが、この頃は既に分け目部分がかなりくっきりしていて全体のボリュームもダウンしていましたので、すぐに効かないと取り返しのつかない事態に陥るのではないかと不安だったことを覚えています。
半年ほど投薬を続けていくうちに、少しずつ髪の毛がしっかりとした質に変わってきて、全体のボリュームもアップしてきたように感じます。
ただし、注意深く観察しないと分からないレベルであり、劇的な変化があったわけではありません。
産後はまだ女性ホルモンが安定しないので、その影響もあるだろうと考えましたが、周囲の人たちと比較してもこの年齢ではかなり薄すぎますし、減っていくスピードがとても速く感じてしまい、もっとレベルの高い治療を求めました。
医師に不安な気持ちを相談したら、さらに進んだ治療があると言われ、次に試したのが毛根部分に育毛効果のある成分を直接投入する方法です。

出産後、多くの女性が経験する抜け毛の悩み。
産後の抜け毛の原因や対策、その他の女性の抜け毛・薄毛のトラブルについてみていきます。
#産後抜け毛 #女性薄毛 #薄毛治療 #美容整形 https://t.co/5K5asNabVp pic.twitter.com/HgKWu9W4yU

— Call to Beauty (@CalltoBeauty) 2016年8月9日

出産後の髪質変化で薄毛治療を始める / 効果の高い毛根に直接アクセスする治療で元の髪が